花図鑑 白 white

アキレギア Aquilegia


科名: キンポウゲ科
和名: 苧環(オダマキ)
英名: Columbine
特徴: 青みがかった葉の間から50~60cmに細く伸びた花茎にうつむき咲く。独特の距を持つ花形が名前の由来にもなっている。

アクタエア   Actaea (←Cimicifuga)


科名: キンポウゲ科
和名: 晒菜升麻(サラシナショウマ)
英名: Bugbane
特徴: 秋涼しくなった頃、1~2m近くに伸びた細長い花穂にボトルブラシのように花を咲かせる。以前はキミキフガと呼ばれていた。

アルンクス  Aruncus


科名: バラ科
和名: 山吹升麻(ヤマブキショウマ)
英名: Goat’s beard
特徴: 夏に咲く細長くふんわりとした質感の白い花が涼しげで美しい。葉が繊細な小型種だと高さは40~80cm、大型のものは2mになる。

イベリス  Iberis


科名: アブラナ科
和名: 屈曲花(マガリバナ)、常盤薺(トキワナズナ)
英名: Candytuft
特徴: 株元からたくさん分枝して高さ30cm程のドーム状になる。高さは30cm前後で常緑の葉は満開の時期には純白の花に隠れてしまう。

カンパニュラ  Campanula


科名: キキョウ科
和名: 蛍袋(ホタルブクロ)
英名: Bellflower
特徴: ベル形の花を持つものがほとんどだが、下向きや上向き、星のように開いた花形ものなど様々。夏に咲き、高さは8cmから1.5mになるものまである。

シレネ  Silene


科名: ナデシコ科
和名: マンテマ、ビランジ、仙翁(センノウ)
英名: Campion
特徴: 可憐な花を持ち、コケ状に低く広がるものから80cm位のものまで。ガクの部分が丸く膨らむものやぺたぺたした粘着性の毛や茎を持つものなどがある。

ディケントラ  Dicentra


科名: ケシ科
和名: 鯛釣草(タイツリソウ)、華鬘草 (ケマンソウ)、駒草(コマクサ)
英名: Bleeding heart
特徴: アーチ状に撓った茎にぶら下がった花の様子から付いた和名がユニーク。春に花が咲いた後、夏の暑い時期には休眠に入るので地上部が見当たらなくなる。

フィソステギア  Physostegia


科名: シソ科
和名: 花虎の尾(ハナトラノオ)、 角虎の尾(カクトラノオ)
英名: Obedient plant
特徴: 真っ直ぐ上に向かって伸びる茎は60~80cmで断面は四角い。穂状の花は下から上へと咲き上がっていく。地下茎が伸びて増えすぎることがある。

フィリペンデュラ  Filipendula


科名: バラ科
和名: 下野草(シモツケソウ)、京鹿子(キョウカノコ)
英名: Meadowsweet,Dropwort
特徴: ふんわりした綿毛のような繊細な花に、鋭く切れ込んだ葉が特徴。こじんまりと30cm程にまとまるものから2m以上になるものまである。

フロックス  Phlox


科名: ハナシノブ科
和名: 草夾竹桃(クサキョウチクトウ)、蔓花忍(ツルハナシノブ)芝桜(シバザクラ)など
英名: Phlox
特徴: 高さ2cm程で低く這い春に咲くもの、1m程に伸びて夏の暑い時期に咲くものなど品種が多い。5枚の花びらは優しい形をしているが花色は華やかなものも多い。

ユッカ  Yucca


科名: キジカクシ科(←リュウゼツラン科)
和名: 糸蘭(イトラン)
英名: Adam’s needle
特徴: ユッカと言えば観葉植物が思い浮かぶが寒さに強い品種もある。株が充実してから2mを超えて咲く白花も美しいが鋭く尖った葉の繊維の様子も個性的。

ロドゲルシア  Rodgersia


科名: ユキノシタ科
和名: 矢車草(ヤグルマソウ)
英名: Rodgersia
特徴: 矢車のように輪生している葉は厚みがあり、花が夏に咲くまでも存在感がある。小さな星形の花はしっかりした茎の先に集まって咲く。